Adobe Photoshop®データ作成ガイド

Adobe Photoshopデータを作成する場合は、下記をご参考の上作成をお願いします。
テンプレートデータをご用意しておりますので、右のアイコンよりダウンロードしてお使いください。

ベースデザインデータ作成用フォーマットをダウンロード

カードサイズについて

カードサイズは85.6㎜×54㎜、解像度は300dpiで作成してください。
カード端までデザインがある場合は、周囲1mmの塗り足しを付けてください。
トリムマーク(トンボ)は不要です。

カードサイズについての説明

フォントについて

フォントはすべて「ラスタライズ」を行ってください。
(テキストレイヤーを選択→書式→テキストレイヤーをラスタライズ) ※これ以降、テキストの編集はできません。

フォントについての説明

可変データの配置について

氏名、顔写真などの可変データがある場合は、「可変あり」と「可変なし」の両方のデータを作成してください。
「可変あり」→氏名・顔写真など可変データが入ったデザイン
「可変なし」→可変データが入ってないベースデザイン
※仕上がり線など、印刷しない部分はレイヤー統合しないようにご注意ください。

可変データの配置についての説明

可変データのフォント指定について

氏名、番号などの可変テキストはデータ内に「フォント名」「サイズ」を記載してください。
※可変フォントは「MSゴシック」「MS Pゴシック」を推奨いたします。
※フォントサイズは1pt単位で指定可能です。

フォントについての説明

データ保存(EPS)

作成したデータは、下図の手順に従ってEPS形式にて保存してください。

ファイルの保存方法について

データ保存される際は、作成データをすべて一緒にフォルダにまとめ、圧縮してご入稿ください。

ファイルの保存方法についての説明

個人リストの作成について

氏名、社員番号などのテキストデータは「Excel」または「CSV」、顔写真は「画像データ」または「プリントお写真」にてご支給ください。
詳細は下記リンクをご参照ください。

ご用意いただく個人データについて

申し込みフォームへ

ページトップへ

Copyright(c) 2013 Kenbisha Co.,Ltd. All rights reserved.