スタッフブログ

新サービス「スマイルスタッフパス」のご紹介です

こんにちは、IDmartです!
本記事では当店の新しいサービス『スマイルスタッフパス』をご紹介させていただきます。

スマイルスタッフパスとは

smilestaffpass.jpg

このスマイルスタッフパスは、一言で言うと笑顔の写真を入れた名札です!

身に着けているとマスクをしていても相手にどんな人なのかをわかってもらえるので、印象が良かったり安心してもらえる効果があります。

今はマスクを着用するのが当たり前になっていますが、当然のことながらマスクをしているとコミュニケーションをスムーズにしてくれる「笑顔」が相手に伝わりづらくなります。

例えば、セールスパーソンが営業に回ってきた時にその人が笑顔の一つも無かったら「もう少し笑ってくれたほうが親しみやすいのに...」と思いませんか?

他にも、飲食店で接客してくれる店員さんに笑顔があるほうが印象が良かったりするものですよね。

スマイルスタッフパスはマスク越しでも笑顔で商談、接客、施術など、笑顔が必要なあらゆるシーンで円滑なコミュニケーションを補助するアイテムです。

マスクの下の笑顔は本当に伝わらないのか

このスマイルスタッフパスをご紹介するにあたって、自分でもマスク越しに笑顔を伝えるのがどれだけ難しいかを試してみました。
結論から言うと、目元までしっかり笑うのって意外と難しいです。

「ニコッ」

くらいではマスクしてたら笑顔かどうかわかりません。

「ニコォーーーーッ!!」(※イメージ)

くらい笑う必要があります。

と、これだけではわかりにくいので、社内の協力を得てどの程度難しいのかさらに検証してみました。

マスクをしたまま色んな表情をしてもらいました。

【イメージ①】

smile1.jpg

真顔ですね。もしかしたらマスクの下は笑っているかもしれませんがわかりにくい。(あれ、髪切った?)

【イメージ②】

smile2.jpg

笑ってる...?目の下をクッとあげているだけかも。

【イメージ③】

smile3.jpg

これも初見ではわかりにくいですが実は目を細めているだけ。僕もたまにやります。

【イメージ④】

smile4.jpg

これは笑顔判定。マスク越しでもようやく笑顔が伝わりました。

いかがでしょうか?

このように、マスク越しで相手に笑顔であることを伝えるのは意外と難しいことがお分かりいただけたのではないかと思います。

スマイルスタッフパスはこうしたコミュニケーション上で誤解を招きかねない状況を回避、無理なく笑顔を示すことができるアイデアグッズです。ぜひ、マスクを外せない今だからこそ活用していただきたいですね!

さらに、おまけ要素として「疲れ果ててとても笑顔になれない」という場面でもスマイルスタッフパスはスタッフさんの代わりに、フレッシュな笑顔を無限にお客さまに提供してくれますよ!

とはいえスマイルスタッフパスを身に着けていても、マスクの下で自然に笑顔をつくるのをお忘れなく。

笑顔で話すと声にもちゃんと表情がでますし、相手に好印象を持ってもらえるかどうかは見た目だけが全てではないですものね。


まとめ

感染症が流行してからというもの、飲食店の接客の在り方も変わっていることを私も客の立場からひしひし感じています。
大切なお客さまと良好な関係を築くために、これまでに努力して得たファンの方にファンのままでいてもらうために、スマイルスタッフパスがお役にたちそうでしたらぜひ一度ご相談くださいね。作成方法など、担当者がしっかりお電話でご説明させていただきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログトップへ

ページトップへ

Copyright(c) 2013 Kenbisha Co.,Ltd. All rights reserved.